専門学校で資格を取って憧れの整体師になろう

専門性の高い医療で働く人

メンズ

高度な放射線治療

数ある医療従事者のなかで、いま人気の職種が診療放射線技師です。診療放射線技師になるには、厚生大臣の指定した養成学校に通うか、専門の大学か短大を卒業し、国家試験にパスしなければなりません。診療放射線技師の仕事は、主に放射線を患者に照射する検査に従事することです。体の各部のレントゲン撮影、CT検査、MRI検査、血管造影検査などです。しかし診療放射線技師の仕事は検査だけではありません。治療にたずさわることも多々あります。例えば、心疾患で心臓の血管を広げる心臓カテーテル治療や、脳血管疾患で脳動脈瘤に特殊な金属を埋め込むコイル塞栓術などは、造影といって血管から造影剤を注入し、血管を撮影しながらの治療となります。医師との連携が重要な仕事になりますし、治療にたずさわっているという達成感もあります。また、手術室でも活躍することもあります。例えば骨折の手術の場合、透視装置といって骨の状態をリアルタイムに撮影しながら治療にあたります。放射線を患者に照射できるのは医師か診療放射線技師のみになりますので、他の医療者ではできない専門的な仕事です。また、女性の活躍も期待できる職種といえます。それは乳癌検査のマンモグラフィー撮影です。検査では乳房を直接触る行為が必須なので女性の検査技師は大変有利です。マンモグラフィー専門の資格をとるとさらに有利でしょう。医療は日々進化し高度化は進んでいます。放射線領域でも治療の場は今後増えるでしょう。高度な放射線治療にたずさわるなら、大学卒の放射線技師のほうが有利といえます。大学病院など大きな病院は専門的で最新の高度な医療に提供する場なので、高度な専門性を求めるなら大学進学がおすすめです。