不用品回収業を始めるための手続き

無許可の不要品回収業者

一般廃棄物収集運搬業の許可とは

不要品回収を始める為に必要不可欠である一般廃棄物収集運搬業の許可は家庭から出る一般廃棄物と事業所などから出る産業廃棄物以外の一般廃棄物を収集し運搬するために取得しなければいけません。

取得するための手続きは各市区町村で行います。
手続きするのが個人なのか法人であるかによって必要書類なども変わってきますので、事前にしっかり確認しましょう。

個人の手続きですと、事業計画書、許可申請書、事業に使用する施設などの図面や説明書、車両の車検証や写真、使用権限証明書、住民票、納税証明書、誓約書、事前に講習会を受けて取得しなければいけない一般廃棄物処理に関する知識と技術的能力の証明書が必要となります。

法人は、個人で必要な書類にプラスして、役員名簿と履歴事項全部証明書、過去の貸借対照表と損益計算書を用意しなければいけません。

大都市での取得は難しい?

現在、一般廃棄物収集運搬業の許可の取得はとても難しいと言われています。
それは単純に各自治体が不用品を回収する業者を新しく複数必要だとは感じていない場合が多いのです。
一般的な日常の不用品は主に、生ごみなどを含む家庭から出されるゴミが多く、そんな一般ごみを回収する業者をこれ以上増やしたいと思っている自治体が比較的少なくなっています。

ただし、全ての自治体で必要と感じていないわけではなく、大都会などでは難しいですが特に地方では必要とされ積極的に募集をしているところもあります。
許可の申請の準備を行うための不用品回収業者を始める準備をする前に予め自分の地域の自治体に募集しているかどうかの確認をしてみてください。


この記事をシェアする